トップページ » 無添加のなた豆歯磨き粉

なた豆歯磨き粉は無添加のものを選ぼう!

なた豆歯磨きを選ぶ際、どのなた豆歯磨きを選んだら良いでしょうか?

オススメのなた豆歯磨きは無添加のものです。 無添加のなた豆歯磨きとは、界面活性剤などの化学物質が含まれていないなた豆歯磨きのことです。 界面活性剤は、水と油のように混じることのないもの同士を混ぜる作用があり、その作用で汚れを落とすんだそうです。

しかし、肌のトラブルの原因となったり、排水口から流れ出て、水質汚染の原因にもなると言われています。 できれば、界面活性剤の含まれていないものを使いたいですよね。また、界面活性剤などの化学物質が含まれていないなた豆歯磨きの方が、口臭予防などの効果が高まるでしょう。

それは、なぜでしょうか?


口臭予防に無添加が良い訳は?


実は私たちの口の中には善玉菌と悪玉菌がたくさんいるのですが、健康的な口の中の場合には善玉菌が優位に働いていて、トラブルなしのきれいな歯と歯ぐきを保ってくれています。 化学物質が入っている歯磨き粉で歯を磨くと、この善玉菌にダメージが及んでしまう場合があるのです。

もちろん、健康な人であれば、再び、善玉菌が元気に働き出しますが、口の中に何らかのトラブルを抱えている人の場合だと、善玉菌が復活しづらくなっている可能性もあるのです。 ですので、できれば無添加のなた豆歯磨きを使うことをオススメします。

最近市販されているなた豆歯磨きは、ほとんどが無添加のもののようです。とはいえ、一応、ラベルを確認して置いたほうが安心かもしれません。 また、無添加のなた豆歯磨きを使えば、、口の中が弱い人でも、味覚を刺激するようなことはありませんので、食べ物の味が変わってしまうというようなこともありません。



当サイトで管理人が紹介しているなた豆歯磨き粉も無添加で、合成界面活性剤などの化学合成物質の使用は全くありません。なた豆歯磨き粉選びで迷っているというあなたは、参考になると思いますのでお時間があれば見てみてください。

>>口臭予防におすすめのなた豆歯磨き粉はこれ!

また、無添加のなた豆歯磨きは、保存料なども使われていませんが、普通に歯磨きをして使い切る期間に悪くなってしまうということはないそうです。しかし、あまりにも高温で湿気の多いところに置いておくのはやめましょう。