トップページ » なた豆で臭い玉対策

なた豆で臭い玉の悩みが解決?!対策の方法とは?

最近、口の中の臭い玉で悩んでいる人が増えてきています。 臭い玉とは、喉の奥のほうにある白い固まりのようなものです。鏡を使って見ることもできます。これら、臭い玉は口臭の原因にもなっていますし、口の中がネバネバして、決して気持ちの良いものではありません。

また、くしゃみやせきなどをする際に、口から飛び出して、イヤな臭いをまき散らしてしまうというトラブルが起きたりする場合も少なくないようです。 臭い玉に効果を期待できると言われているのが、なた豆です。

なた豆は、古くから口臭予防、口臭改善に効果があるとされ、広く利用されてきました。特に、なた豆の持つ排膿作用が、何をしても改善しなかった頑固な口臭にも効果が期待できる理由のひとつだと言われています。

臭い玉が気になっている人は、なた豆歯磨きでの歯磨きと、なた豆茶の飲用、そして、なた豆茶でのうがいをオススメします。 なた豆茶でのうがいは、喉の奥を洗うような感じで、ガラガラうがいをすると効果的です。 続けていくことで、口の中がサラサラになってくるのが分かると思います。


臭い玉の原因と対策方法


また、臭い玉の対策として、暴飲暴食を避けることが大切です。臭い玉ができる原因は東洋医学では胃熱だと言われています。つまり、食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどで、胃に熱がこもり過ぎることから、その熱が上に上がってくるために、喉にも臭い玉などのトラブルが起きるというわけです。

胃熱を下げるには、食べ過ぎ、飲み過ぎを避けることが大切です。また、水分の取り過ぎは胃の働きを弱めてしまいます。また、辛すぎるものを食べ過ぎるのも胃熱が溜まりやすくなります。腹八分を心がけていれば、たいてい、胃熱は治まってきますので、臭い玉も消えてくるでしょう。

もし、少しでも早く胃熱を治したいのであれば、大根を下ろした汁を飲むと良いでしょう。これは、意外と早く臭い玉に効果があるので、オススメです。 臭い玉には、胃熱をためないようにしながら、なた豆歯磨きを使って歯磨きをし、なた豆茶を飲み、なた豆茶うがいをすることで改善するでしょう。臭い玉がなくなると同時に、口臭も改善されます。