トップページ » なた豆の食べ方

なた豆の食べ方は?食べられるなた豆の種類は?

なた豆はお茶にして飲むというのが一般的に知られている食用の方法ですね。 しかし、実は、なた豆は普通に調理して食べることができます。 では、なた豆はどのような食べ方をしたら良いでしょうか?

では、なた豆の食べ方を知る前に、実は、カレーと一緒に食べる福神漬けの中に、このなた豆が入っています。なた豆を食べたことがないと思っていた人でも、すでに知らないうちに、なた豆を食べていたという人も多いことでしょう。


まずは、なた豆の選び方からです。 なた豆は大きさが10センチから20センチほどのものを選ぶようにしましょう。これ以上大きいものだと、筋が出てきてしまい、食感が悪くなってしまいます。

あと、なた豆にはいくつかの種類があります。 よく知られているなた豆は、白なた豆、タチなた豆、なた豆の3つです。このなた豆のうち、毒性があるなた豆があります。それは、タチなた豆です。若いサヤのうちは、毒性が少ないので、食べることができるようですが、完熟したタチなた豆は、食用にしないのがオススメです。


また、なた豆も完熟したものは、少し毒性があるそうです。しかし、食べ方を工夫することで毒性を抜くことができます。 では、毒性があるなた豆の食べ方を紹介します。

タチなた豆の完熟した豆は、毒性が強すぎるので、食べないようにするのが無難です。タチなた豆となた豆は10センチ以下の若いサヤを食べるようにすると良いでしょう。食べ方としては、加熱して食べるようにして下さい。


また、なた豆の豆は、加熱する際にも注意が必要です。その他の野菜のアク抜きをするような方法で、毒を抜く必要があります。方法としては、調理方法によって異なりますが、水にさらす、塩で茹でる、茹でこぼす、発酵させるなどで毒抜きをします。

一方、白なた豆は、完熟しても普通に食べることができます。 調理法は、茹でてサラダに入れたり、炒めものに入れたり、天ぷらにしてもおいしいです。わりとどんな食べ方をしてもおいしく食べることができます。