トップページ » 副鼻腔炎になた豆茶

副鼻腔炎の予防にはなた豆茶がおすすめ!

なたまめ茶

なた豆茶を続けて飲むことで、副鼻腔炎の症状が緩和してくると言われています。

副鼻腔炎とは、副鼻腔に炎症が起きることをいいます。 副鼻腔とは、鼻の奥のほうにある空洞のことです。副鼻腔の空洞は、鼻の奥から目の回り、ほほまで広がっていて、想像以上に広い空洞になっています。

副鼻腔炎が慢性化すると慢性副鼻腔炎と呼びます。慢性副鼻腔炎になると、副鼻腔に膿が溜まってしまう場合が多いそうですが、このように膿が溜まる副鼻腔炎のことを、蓄膿症と呼んでいるそうです。


副鼻腔炎の原因とは?


なぜ副鼻腔炎は起きるのでしょうか?

副鼻腔炎になる原因のひとつに、風邪が長引いたときが挙げられるでしょう。 風邪を引くと、ほとんどの人が鼻水や鼻づまりを起こすと思います。これが長引くと、鼻の入り口付近からだんだんと奥の副鼻腔へと炎症が広がっていくというわけです。

また、花粉症やハウスダスト、大気汚染などによるアレルギーがきっかけとなって、副鼻腔炎になることもあります。アレルギーは一回なってしまうと、なかなか治りにくく、長引いてしまいがちです。そのため、副鼻腔炎へと進行してしまいやすいのです。

他には、生活習慣の乱れによっても副鼻腔炎になりやすくなります。特に、食生活の乱れには注意が必要です。


なた豆茶は1日どのくらい飲むのが効果的?


なた豆茶は、初期の副鼻腔炎から、蓄膿症までに効果があると言われています。 なた豆茶はどのくらい飲んだら効果があるのでしょうか?

以前、なた豆茶がどのくらい効果があるのかという実験が行われたそうで、毎日1リットルのなた豆茶を飲んだところ、12人中10人が鼻の辛い症状が改善されたという研究結果が出ているそうです。

なた豆茶の一日に飲む量というのは個人差もあるようですので、一概には言えませんが、だいたい500ミリリットルを目安に飲むと良いようです。 飲み過ぎても特に副作用などはありませんし、ノンカフェインですので、安心して飲めると思います。